最近チェックした商品
 

Theobroma(カカオ)

総10件

整列 : [価格] [名前] [製造元]

小型の苗からカカオ果実が結実し楽しめるユニークな品種だが、入手は極めて難しい超希少種。丸みのある葉は可愛く、新芽も美しいので観葉植物としても面白い品種。果肉は甘くラムネのような味。豆は紫。 ○Theobroma Brazil ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ※写真...
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。ロングレッド。非常に美しい果皮。 ○学名:Theobroma cacao(テオブロマ・カカオ) ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○参考結実年数:4〜6年
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。カオの果実が大型で果皮が赤の品種。種子も比較的大きい。 ○学名:Theobroma cacao(テオブロマ・カカオ) ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○参考結実年数:4〜6年
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。 ○学名:Theobroma cacao ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○参考結実年数:4〜6年 〇品種:Forastero(フォラステロ)
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。黄色の大型果実。 ○学名:Theobroma cacao ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○参考結実年数:4〜6年 〇品種:Trinitario(トリニタリオ)
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。 ○学名:Theobroma cacao ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○参考結実年数:4〜6年 ※ポット苗はポットに植えてある苗、チャック付ポリ袋苗はチャック付きポリ袋で根を保護した苗です。
テオブロマ・カカオの果実が大型で黄色の品種。 ○チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。 ○学名:Theobroma cacao ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○品種:トリニタリオ種 ○参考結実年数:4〜6年
果実は果皮がマスクメロンのようにネット状になっており、種子は白くチョコレートにしたり炒って食べることができる。果肉はジャックフルーツに味が似ており、ジュースやアイスクリームなどに利用される。 ○学名:Theobroma bicolor ○アオギリ科 ○原産地:中南米 ○結...
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。 ○学名:Theobroma cacao ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○参考結実年数:4〜6年 ※写真は参考写真です。
チョコレートの原料となるテオブロマ・カカオ。テオブロマ・カカオの果実が大型で果皮が赤の品種。種子も非常に大きい。 ○学名:Theobroma cacao(テオブロマ・カカオ) ○アオギリ科 ○原産地:南アメリカ ○品種:トリニタリオ種 ○参考結実年数:4〜6年

買い物かごに入れる

世界の熱帯果樹苗、種子販売カタログ
バンレイシ科、マンゴスチン、ジャボチカバ、フィンガーライム、マキベリー、耐寒性パパイヤ他各種取り扱い。
お探しの品種などありましたらお気軽にお問い合わせください。
世界の植物通販ショップ・ワールドプランツマーケット